UX Yokohama

UXデザインをテーマにした横浜のIT勉強会サークルです。

記事一覧(184)

UX Yokohama より新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。UX Yokohama 代表の森山です。 2020年が皆様にとって素晴らしい年になります事を心よりお祈りいたします。UX Yokohama では結成以来「UXデザイン実務家同士による学びの場の提供」「UXデザイン認知度向上のためのイベント開催」「UXデザインによる社会貢献」というテーマのもとで様々な活動をしてまいりました。「エコ活動したくなるシカケワークショップ」にはデザイナー・非デザイナー双方より多数の方にご参加いただき、社会課題に対する皆様の関心の高さを改めて知ることができました。またWordPress初心者向けのセミナーなど技術者ではない市民向けの無料講座のコンテンツ開発にも取り組みました。本年のUX Yokohama は、IT勉強会の枠を超えて広く市民に価値を提供する活動に取り組みます。また昨年に引き続き、イベント・ブログ・等既存の情報発信の枠にとらわれない、多様な情報発信(書籍、Youtubeビデオ等)にチャレンジいたします。UXデザインには、新たな気づきを得る力・豊かな体験を生む力・人の行動を促す力があります。この力を正しく使えば社会をよりよくすることも可能であると信じます。UXデザインの発展のため、UX Yokohama は今年も様々な活動を企画運営する予定です。2020年1月1日 UX Yokohama 代表 森山 明宏

開催報告:UXデザイン特論・第2回 ペルソナとカスタマージャーニーマップ【12/7横浜】

UXデザイン手法を学ぶ初心者向けの3回連続セミナーを2019年11月16日(土)より横浜で開講

UXデザインをテーマとするIT勉強会コミュニティ UX Yokohama (事務局:神奈川県横浜市中区、代表:森山明宏) は、2019年11月16日(土)より、UXデザイン初心者向けの3回連続セミナー「UXデザイン特論・顧客理解と仮説検証のものづくり」を、横浜市神奈川区の岩崎学園情報科学専門学校にて開講します。定員は各回とも30名、参加費は各回とも学生無料・一般6,000円(税込)です。▼このイベントについてUX Yokohamaは、2016年に横浜で結成された、UXデザイン(ユーザー・エクスペリエンス・デザイン)に関する啓発、研究、実践、および交流を目的とする任意団体です。このたび開講する「UXデザイン特論・顧客理解と仮説検証のものづくり」はUXデザイン初心者を対象とした演習形式の3回連続セミナーです。参加者は、演習を通じて顧客調査からUX評価にいたる一連のUXデザインプロセスを体験し、UXデザインプロセスの全体像を深く理解することができます。本セミナーは、参加者が実務でUXデザインを実践できるようになることを目指します。▼こんな人におすすめ社会人または学生で、UXデザインに興味のある方▼期待できる成果UXデザインの各種手法に関する基礎的な知識を得ることができるUXデザインを職場で実践できるようになるIT業界に限らない普遍的な「よりよいものづくりのためのヒント」を得ることができる▼講座概要講座名称:UXデザイン特論・顧客理解と仮説検証のものづくり【全3回 横浜】日  程:全3回▽第1回 2019年11月16日(土曜)▽第2回 2019年12月07日(土曜)▽第3回 2019年12月14日(土曜)開催時刻:各回とも12:30受付開始, 13:00開始, 17:00終了会  場:各回とも岩崎学園情報科学専門学校 5階 507教室会場住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-17 (相鉄岩崎学園ビル)最寄り駅:JR横浜駅きた西口徒歩2分講  師:森山 明宏 (ユーリカ株式会社代表、UXデザイナー)定員人数:30名 (先着順)対  象:社会人または学生で、UXデザインに興味のある方申込方法:申込みは以下ページ内専用フォームよりお願いします。▽第1回 https://peatix.com/event/1351534▽第2回 https://peatix.com/event/1351535▽第3回 https://peatix.com/event/1351536参加費用:各回とも学生無料・一般6,000円(税込)▼開催日程と講義内容▽第1回 UXデザインの概要とユーザー調査https://peatix.com/event/13515342019年11月16日(土曜) 13:00-17:00UXデザインについての基礎的な知識、および、行動観察とインタビューを通じて現状におけるユーザーの体験と状況を把握する手法を学びます。▽第2回 ペルソナとカスタマージャーニーマップhttps://peatix.com/event/13515352019年12月07日(土曜) 13:00-17:00ユーザーの特性や典型的な行動をモデル化する作業を通じてユーザーの本質的な困りごとや要求を洞察する手法を学びます。▽第3回 理想シナリオとUX評価https://peatix.com/event/13515362019年12月14日(土曜) 13:00-17:00ユーザーに提供したい理想的体験を短編小説風に表現する手法、および、その妥当性を評価によって検証する手法を学びます。▼講師紹介森山 明宏(もりやま あきひろ)略歴:国立信州大学理学部物理学科を卒業後、家電メーカーで商品企画、OA機器メーカーでユーザビリティを担当し、2012年にユーリカ株式会社を設立し現在に至る。UXデザインの普及を目指し、主にWebサイトの改善や人材教育の分野で活躍する。2018年より岩崎学園情報科学専門学校非常勤講師。最近の関心事は「善隣的デザイン」(UXデザインによる社会課題解決)。https://twitter.com/hiro_ux▼「UXデザイン」についてUXデザインとは、まずユーザーに提供したい体験を定め、その手段として製品やサービスを設計するものづくりの方法論です。UXの正確な定義は国際規格ISO9241-210:2010によって定義されています。▼UX Yokohama についてUX Yokohamaは、主に横浜市中区および西区でUXデザインの勉強会を開催する任意団体です。UXデザインに関する啓発、研究、実践、および交流を行うことを目的としています。公式サイト : https://uxyokohama.amebaownd.comFBページ : https://www.facebook.com/uxyokohama団 体 名 : UX Yokohama設   立 : 2016年8月20日所 在 地 : 〒231-0012神奈川県横浜市中区相生町3-61泰生ビル2F ユーリカ株式会社内 UX Yokohama 事務局代   表 : 森山 明宏以上  

「シカケ~したくなるデザイン~」アイデアワークショップ【11/9横浜】

押してダメなら引いてみな !? 人の行動変化を誘発するシンプルな工夫「シカケ」を考えるアイデアワークショップを2019/11/9(土曜)13時30分より横浜で開催します。▼このイベントについて2009年にフォルクスワーゲン社は「the fun theory」キャンペーンと銘打ち興味深い動画を発表しました。とある地下鉄のホームから地上に向かう階段は、すぐ隣にエスカレータがあるため誰も使おうとしません。その階段を、踏板を踏むとピアノの音が鳴るように改造しさらに踏板をピアノの鍵盤のように塗装したところ、通行人の66%が階段を使うようになったのです。踏むとピアノの音がする「登りたくなる」階段、ゴールポストの形をした「入れたくなる」ゴミ箱、駅のホームの床に引かれた「並びたくなる」線、…このような人の行動変化を誘発するシンプルな工夫を「シカケ」といいます。このイベントは、大阪大学大学院経済学研究科教授の松村真宏氏の提唱する「仕掛学」の理論を元に、私たちの身近なテーマである「エコ活動」を誘発するシカケを考えるアイデアワークショップです。技術者、デザイナー、学生、および社会課題解決に関心のある市民の皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。▽シカケとはシカケとは「問題解決につながる行動を誘発するきっかけとなり得るもので、且つ "シカケの3要件" を含むもの」を指す概念です。仕掛学とはシカケを研究する学問です。シカケの概念は、大阪大学大学院教授の松村真宏氏により2015年に論文発表され、2016年に書籍化(http://amzn.asia/btX0PiF)されました。