UX Yokohama

UXデザインをテーマにした横浜のIT勉強会サークルです。

記事一覧(109)

ゲームUI/UX勉強会・キャラクターの上手な活用方法を見つけよう【7/23横浜】

ゲームといえばキャラクターはつきものです。面白さの演出に効果的であり、また将来のグッズ展開も無視できません。ゲームにおけるキャラクターの活用方法を学ぶ勉強会を7/23(月曜)19時に横浜で開催します。▼このイベントについて 「ゲームUI/UX勉強会」は、UXデザインの初心者を対象にした、スマホゲームの優れたUX事例を学ぶ気軽な集まりです。具体的には以下の内容で進めます。 
みんなで集まる いま人気のあるスマホゲームを適当に一つ選ぶ ダウンロードして1時間程度プレイする プレイしたゲームの良い点悪い点を指摘する 挙がった指摘に共通する要素を考える  今回は、特にゲーム内におけるキャラクターの使われ方を重点的に考察していきます。ゲームアプリでは様々な箇所で、時にはここは無くてもいいのではと思える箇所にまでゲームのキャラクターが登場します。事例を元にキャラクター登場の具体的な意図を深く考察し、キャラクターの上手な活用方法を学んでいきます。 
この勉強会は、グリー株式会社様で行われている社内勉強会「UI Discussion」を元に構成されています。グリー株式会社様では UI Discussion を毎週開催し、蓄積した知見を元にチェックシートを作成して開発業務の効率化をするまでに至っています。▽UXデザインとは UXデザインとは、商品やサービスはお客様に心地よさを提供する手段であるという認識のもと、計画的に心地よさを作り出し、かつ心地よさを品質として管理するものづくりの方法論です。UX (User Experience) の正確な定義は国際規格ISO9241-210:2010によって規格化されています。 
▼こんな方を対象としています 社会人または学生で、UXデザインに興味のある方 ▼期待できる成果 UXデザインに関する基礎的な知識を得ることができる UXデザインの作例に数多く触れることで、インスピレーションが生まれ、よりよいデザインを描けるようになる ▼参加当日のご注意 iOS8以上のOSを搭載したiPhone/iPodTouchを必ずご持参ください。
機器環境をそろえるため、Androidその他の非iOS端末をお持ちの方は参加できません。ご了承願います。 ヘッドフォンまたはイヤホンをご持参ください。会場は防音室ではありません。ゲームの音が漏れないようご配慮を願います。 筆記用具等は運営者が用意します。 最少催行人数は5人です。最少催行人数に満たない場合、講座は中止となります。中止の際は事前にご連絡します。 プログラムは予告なく変更される場合があります。 イベント当日は、参加者の皆様を撮影し、開催報告としてWebサイト等に掲載させていただきます。 ▼当日のスケジュール 18:45 受付開始 19:00 あいさつ、進行説明 19:05 講義「UXの設計におけるキャラクターの活用」 19:30 実習準備 19:35 実習 (ゲームをする/気になった箇所のコメントを付箋紙に書く/必要なら画面のスクリーンショットを撮る) 20:00 コメントの集計 20:10 ディスカッション(各位が特に印象に残った箇所を発表) 20:30 終了▼講師紹介 講師:森山 明宏略歴:ユーリカ株式会社代表、UXデザイナー、認定HCD専門家。国立信州大学理学部物理学科卒。家電メーカーで商品企画を、OA機器メーカーでユーザビリティを担当し、2012年にユーリカ株式会社を設立し代表に就任。「UX(ユーザーにとっての心地よい体験)の提供」という視点で企業と顧客との関係を俯瞰し全体最適なものづくりを行う「UXデザイン」の普及を目指し、主にWebサイトやスマートフォンアプリの改善やUXデザイン人材教育の分野で活躍する。また岩崎学園情報科学専門学校でUXデザインの非常勤講師として教鞭をとる。最近の関心事は「善隣的デザイン」(UXデザインによって人の行動を変容させ社会課題解決を図る取り組み)。 twitterアカウント: https://twitter.com/hiro_ux ▼UX Yokohama について UX Yokohamaは、主に横浜市中区および西区でUXデザインの勉強会を開催する任意団体です。UXデザインに関する啓発、研究、実践、および交流を行うことを目的としています。 
公式サイト:https://uxyokohama.amebaownd.com FBページ:https://www.facebook.com/uxyokohama 団 体 名:UX Yokohama 設   立:2016年8月20日 所 在 地:〒231-0012神奈川県横浜市中区相生町3-61泰生ビル2F ユーリカ株式会社内 UX Yokohama 事務局 代   表:森山 明宏 ▼ゲームUI/UX勉強会の過去の開催実績 ゲームUI/UX勉強会・ゲームUI/UX勉強会・スマホゲームのよいUI/UXデザインを見つけよう【6/22横浜】ゲームUI/UX勉強会特別編・ゲームに学ぶUXデザイン【1/28横浜】 ゲームUI/UX勉強会特別編・課金させるための行動経済学入門【11/8横浜】 ゲームUI/UX勉強会・予想と期待のデザインを見つけよう【10/25横浜】 ゲームUI/UX勉強会・ゲームの "あたりまえ機能" を見つけよう【9/13横浜】 ゲームUI/UX勉強会・見やすさ/分かりやすさ/操作しやすさの工夫を見つけよう【8/9横浜】 ゲームUI/UX勉強会・エモーショナルな工夫を見つけよう【7/19横浜】 ゲームUI/UX勉強会・モーションデザインを見つけよう【6/14横浜】 ゲームUI/UX勉強会出張版・スマホゲームのよいUI/UXデザインを見つけよう【5/8横浜】 ゲームUI/UX勉強会・ゲームならではの文章表現を見つけよう【4/20横浜】 ゲームUI/UX勉強会・マイクロインタラクションを見つけよう【3/15横浜】 ゲームUI/UX勉強会・スマホゲームのUX評価を体験しよう【2/8横浜】 ※ 過去の配布資料をWebで公開中。 https://sites.google.com/view/uxyokohama-archives 
▼支払に関するご注意参加費:無料参加者数の把握のため、無料イベントであっても申込手続きは必ずしていただけますようお願いします。 キャンセル受付の期限はチケット販売期限と同一です。キャンセルされる場合は、Peatix様の定める所定の手続きに従ってください。 ▼講座概要講座名称:ゲームUI/UX勉強会・キャラクターの上手な活用方法を見つけよう【7/23横浜】 日  時:2018年7月23日(月曜)受付開始18:45 開催19:00~20:30 場  所:なか区民活動センター 研修室2 住  所:横浜市中区日本大通35(中区役所別館) 最 寄 駅:JR関内駅(南口徒歩7分)みなとみらい線日本大通り駅(3番出口徒歩4分) 進 行 役:森山 明宏 (ユーリカ株式会社代表、UXデザイナー)  定員人数:10名 (先着順) 対  象:社会人または学生で、UXデザインに興味のある方 申込方法:申込みは以下ページ内専用フォームよりお願いします。
http://peatix.com/event/397263 参加費用:無料

ゲームアプリにおけるキャラクター活用の工夫を学ぶIT勉強会を 2018年7月23日(月曜)に横浜で開催

 UXデザインをテーマとするIT勉強会コミュニティ UX Yokohama (事務局:神奈川県横浜市中区、代表:森山明宏) は、UXデザインの勉強会「ゲームUI/UX勉強会・キャラクターの上手な活用方法を見つけよう【7/23横浜】」を2018年7月23日(月曜)になか区民活動センター (神奈川県横浜市中区日本大通35、最寄駅みなとみらい線日本大通り駅) にて開催します。  ▼このイベントについて「ゲームUI/UX勉強会」は、UXデザインの初心者を対象にした、スマホゲームの優れたUX事例を学ぶ気軽な集まりです。具体的には以下の内容で進めます。 
みんなで集まる いま人気のあるスマホゲームを適当に一つ選ぶ ダウンロードして1時間程度プレイする プレイしたゲームの良い点悪い点を指摘する 挙がった指摘に共通する要素を考える 7月23日開催回は、ゲーム内におけるキャラクターの使われ方を重点的に考察していきます。ゲームアプリでは様々な箇所で、時にはここは無くてもいいのではと思える箇所にまでゲームのキャラクターが登場します。事例を元にキャラクター登場の具体的な意図を深く考察し、キャラクターの上手な活用方法を学んでいきます。このイベントは、UXデザインに関する基礎的な知識およびデザイン作例を体験しながら学ぶことのできる場として企画されました。どなたでも自由に参加できます。お気軽にお越しください。 
▽UXデザインとは UXデザインとは、商品やサービスはお客様に心地よさを提供する手段であるという認識のもと、計画的に心地よさを作り出し、かつ心地よさを品質として管理するものづくりの方法論です。UX (User Experience) の正確な定義は国際規格ISO9241-210:2010によって規格化されています。 ▼講座概要 講座名称:ゲームUI/UX勉強会・キャラクターの上手な活用方法を見つけよう【7/23横浜】 日  時:2018年7月23日 (月曜) 受付開始18:30 開催19:00~20:30 場  所:なか区民活動センター 研修室2 住  所:横浜市中区日本大通35 (中区役所別館) 最寄り駅:JR関内駅 (南口徒歩7分)みなとみらい線日本大通り駅 (3番出口徒歩4分) 司会進行:森山 明宏 (ユーリカ株式会社代表、UXデザイナー) 定員人数:10名 (先着順) 対  象:社会人または学生で、UXデザインに興味のある方 申込方法:申込みは以下ページ内専用フォームよりお願いします。https://peatix.com/event/397263 参加費用:無料 ▼講師森山 明宏 (もりやま あきひろ) 
略歴:ユーリカ株式会社代表、UXデザイナー、認定HCD専門家。国立信州大学理学部物理学科卒。家電メーカーで商品企画を、OA機器メーカーでユーザビリティを担当し、2012年にユーリカ株式会社を設立し代表に就任。「UX(ユーザーにとっての心地よい体験)の提供」という視点で企業と顧客との関係を俯瞰し全体最適なものづくりを行う「UXデザイン」の普及を目指し、主にWebサイトやスマートフォンアプリの改善やUXデザイン人材教育の分野で活躍する。また岩崎学園情報科学専門学校でUXデザインの非常勤講師として教鞭をとる。最近の関心事は「善隣的デザイン」(UXデザインによって人の行動を変容させ社会課題解決を図る取り組み)。  twitterアカウント: https://twitter.com/hiro_ux ▼当日のスケジュール 19:00 あいさつ、進行説明 19:05 講義「UXの設計におけるキャラクターの活用」19:30 実習準備
19:35 実習 (ゲームをする/気になった箇所のコメントを付箋紙に書く/必要なら画面のスクリーンショットを撮る) 20:00 コメントの集計 20:10 ディスカッション(各位が特に印象に残った箇所を発表) 20:30 終了 ▼参加当日のご注意 iOS8以上のOSを搭載したiPhone/iPodTouchを必ずご持参ください。
機器環境をそろえるため、Androidその他の非iOS端末をお持ちの方は参加できません。ご了承願います。 ヘッドフォンまたはイヤホンをご持参ください。会場は防音室ではありません。ゲームの音が漏れないようご配慮を願います。 筆記用具等は運営者が用意します。 最少催行人数は5人です。最少催行人数に満たない場合、講座は中止となります。中止の際は事前にご連絡します。 プログラムは予告なく変更される場合があります。 イベント当日は、参加者の皆様を撮影し、開催報告としてWebサイト等に掲載させていただきます。 ▼UX Yokohama について UX Yokohamaは、主に横浜市中区および西区でUXデザインの勉強会を開催する任意団体です。UXデザインに関する啓発、研究、実践、および交流を行うことを目的としています。 公式サイト : https://uxyokohama.amebaownd.com FBページ : https://www.facebook.com/uxyokohama 団 体 名 : UX Yokohama 設   立 : 2016年8月20日 所 在 地 : 〒231-0012神奈川県横浜市中区相生町3-61泰生ビル2F ユーリカ株式会社内 UX Yokohama 事務局 代   表 : 森山 明宏 以上

ゲームUI/UX勉強会・スマホゲームのよいUI/UXデザインを見つけよう【6/22横浜】

ゲームはなぜ面白いのでしょう?どれだけゲームをやり込んでも面白さの理由を知らなければ自分で面白いゲームをつくることはできません。ゲームにおけるUI/UXデザインの勉強会を6/22(金曜)19時に横浜で開催します。▼このイベントについて「ゲームUI/UX勉強会」は、UXデザインの初心者を対象にした、スマホゲームの優れたUX事例を学ぶ気軽な集まりです。具体的には以下の内容で進めます。みんなで集まるいま人気のあるスマホゲームを適当に一つ選ぶダウンロードして1時間程度プレイするプレイしたゲームの良い点悪い点を指摘する挙がった指摘に共通する要素を考えるこの勉強会は、グリー株式会社様で行われている社内勉強会「UI Discussion」を元に構成されています。グリー株式会社様では UI Discussion を毎週開催し、蓄積した知見を元にチェックシートを作成して開発業務の効率化をするまでに至っています。 ▽UXデザインとはUXデザインとは、商品やサービスはお客様に心地よさを提供する手段であるという認識のもと、計画的に心地よさを作り出し、かつ心地よさを品質として管理するものづくりの方法論です。UX (User Experience) の正確な定義は国際規格ISO9241-210:2010によって規格化されています。 ▼こんな方を対象としています社会人または学生で、UXデザインに興味のある方▼期待できる成果UXデザインに関する基礎的な知識を得ることができるUXデザインの作例に数多く触れることで、インスピレーションが生まれ、よりよいデザインを描けるようになる▼参加当日のご注意iOS8以上のOSを搭載したiPhone/iPodTouchを必ずご持参ください。機器環境をそろえるため、Androidその他の非iOS端末をお持ちの方は参加できません。ご了承願います。ヘッドフォンまたはイヤホンをご持参ください。会場は防音室ではありません。ゲームの音が漏れないようご配慮を願います。筆記用具等は運営者が用意します。最少催行人数は5人です。最少催行人数に満たない場合、講座は中止となります。中止の際は事前にご連絡します。プログラムは予告なく変更される場合があります。イベント当日は、参加者の皆様を撮影し、開催報告としてWebサイト等に掲載させていただきます。▼当日のスケジュール18:45 受付開始19:00 あいさつ、進行説明19:05 講義「ゲームの面白さを分析する手法」19:30 実習準備19:35 実習 (ゲームをする/気になった箇所のコメントを付箋紙に書く/必要なら画面のスクリーンショットを撮る)20:00 コメントの集計20:10 ディスカッション(各位が特に印象に残った箇所を発表)20:30 終了▼講師紹介講師:森山 明宏略歴:ユーリカ株式会社代表、UXデザイナー、認定HCD専門家。国立信州大学理学部物理学科卒。家電メーカーで商品企画を、OA機器メーカーでユーザビリティを担当し、2012年にユーリカ株式会社を設立し代表に就任。「UX(ユーザーにとっての心地よい体験)の提供」という視点で企業と顧客との関係を俯瞰し全体最適なものづくりを行う「UXデザイン」の普及を目指し、主にWebサイトやスマートフォンアプリの改善やUXデザイン人材教育の分野で活躍する。また岩崎学園情報科学専門学校でUXデザインの非常勤講師として教鞭をとる。最近の関心事は「善隣的デザイン」(UXデザインによって人の行動を変容させ社会課題解決を図る取り組み)。twitterアカウント: https://twitter.com/hiro_ux▼UX Yokohama についてUX Yokohamaは、主に横浜市中区および西区でUXデザインの勉強会を開催する任意団体です。UXデザインに関する啓発、研究、実践、および交流を行うことを目的としています。公式サイト:https://uxyokohama.amebaownd.comFBページ:https://www.facebook.com/uxyokohama団 体 名:UX Yokohama設   立:2016年8月20日所 在 地:〒231-0012神奈川県横浜市中区相生町3-61泰生ビル2F ユーリカ株式会社内 UX Yokohama 事務局代   表:森山 明宏▼ゲームUI/UX勉強会の過去の開催実績ゲームUI/UX勉強会特別編・ゲームに学ぶUXデザイン【1/28横浜】ゲームUI/UX勉強会特別編・課金させるための行動経済学入門【11/8横浜】ゲームUI/UX勉強会・予想と期待のデザインを見つけよう【10/25横浜】ゲームUI/UX勉強会・ゲームの "あたりまえ機能" を見つけよう【9/13横浜】ゲームUI/UX勉強会・見やすさ/分かりやすさ/操作しやすさの工夫を見つけよう【8/9横浜】ゲームUI/UX勉強会・エモーショナルな工夫を見つけよう【7/19横浜】ゲームUI/UX勉強会・モーションデザインを見つけよう【6/14横浜】ゲームUI/UX勉強会出張版・スマホゲームのよいUI/UXデザインを見つけよう【5/8横浜】ゲームUI/UX勉強会・ゲームならではの文章表現を見つけよう【4/20横浜】ゲームUI/UX勉強会・マイクロインタラクションを見つけよう【3/15横浜】ゲームUI/UX勉強会・スマホゲームのUX評価を体験しよう【2/8横浜】※ 過去の配布資料をWebで公開中。 https://sites.google.com/view/uxyokohama-archives ▼支払に関するご注意参加費:無料 (懇親会費別)参加者数の把握のため、無料イベントであっても申込手続きは必ずしていただけますようお願いします。キャンセル受付の期限はチケット販売期限と同一です。キャンセルされる場合は、Peatix様の定める所定の手続きに従ってください。▼講座概要講座名称:ゲームUI/UX勉強会特別編・ゲームに学ぶUXデザイン【1/24横浜】日  時:2018年1月24日 (水曜) 受付開始18:30 開催19:00~20:30場  所:なか区民活動センター 研修室1住  所:横浜市中区日本大通35 (中区役所別館)最寄り駅:JR関内駅 (南口徒歩7分)みなとみらい線日本大通り駅 (3番出口徒歩4分)司会進行:森山 明宏 (ユーリカ株式会社代表、UXデザイナー)定員人数:16名 (先着順)対  象:社会人または学生で、UXデザインに興味のある方申込方法:申込みは以下ページ内専用フォームよりお願いします。 http://ptix.at/h5yabd参加費用:無料

ゲームアプリにおけるデザイン上の工夫を学ぶIT勉強会を 2018年6月22日(金曜)に横浜で開催

UXデザインをテーマとするIT勉強会コミュニティ UX Yokohama (事務局:神奈川県横浜市中区、代表:森山明宏) は、UXデザインの勉強会「ゲームUI/UX勉強会・スマホゲームのよいUI/UXデザインを見つけよう【6/22横浜】」を2018年6月22日(金曜)になか区民活動センター (神奈川県横浜市中区日本大通35、最寄駅みなとみらい線日本大通り駅) にて開催します。▼このイベントについて「ゲームUI/UX勉強会」は、UXデザインの初心者を対象にした、スマホゲームの優れたUX事例を学ぶ気軽な集まりです。具体的には以下の内容で進めます。みんなで集まるいま人気のあるスマホゲームを適当に一つ選ぶダウンロードして1時間程度プレイするプレイしたゲームの良い点悪い点を指摘する挙がった指摘に共通する要素を考える 6月22日開催回は、ゲームの面白さを分析する手法「UI Discussion」を中心に学びます。このイベントは、UXデザインに関する基礎的な知識およびデザイン作例を体験しながら学ぶことのできる場として企画されました。どなたでも自由に参加できます。お気軽にお越しください。▽UXデザインとはUXデザインとは、商品やサービスはお客様に心地よさを提供する手段であるという認識のもと、計画的に心地よさを作り出し、かつ心地よさを品質として管理するものづくりの方法論です。UX (User Experience) の正確な定義は国際規格ISO9241-210:2010によって規格化されています。▼講座概要講座名称:ゲームUI/UX勉強会・スマホゲームのよいUI/UXデザインを見つけよう【6/22横浜】日  時:2018年6月22日 (金曜) 受付開始18:30 開催19:00~20:30場  所:なか区民活動センター 研修室1住  所:横浜市中区日本大通35 (中区役所別館)最寄り駅:JR関内駅 (南口徒歩7分)みなとみらい線日本大通り駅 (3番出口徒歩4分)司会進行:森山 明宏 (ユーリカ株式会社代表、UXデザイナー)定員人数:16名 (先着順)対  象:社会人または学生で、UXデザインに興味のある方申込方法:申込みは以下ページ内専用フォームよりお願いします。http://ptix.at/FDSEQH参加費用:無料 ▼講師森山 明宏 (もりやま あきひろ) 略歴:ユーリカ株式会社代表、UXデザイナー、認定HCD専門家。国立信州大学理学部物理学科卒。家電メーカーで商品企画を、OA機器メーカーでユーザビリティを担当し、2012年にユーリカ株式会社を設立し代表に就任。「UX(ユーザーにとっての心地よい体験)の提供」という視点で企業と顧客との関係を俯瞰し全体最適なものづくりを行う「UXデザイン」の普及を目指し、主にWebサイトやスマートフォンアプリの改善やUXデザイン人材教育の分野で活躍する。また岩崎学園情報科学専門学校でUXデザインの非常勤講師として教鞭をとる。最近の関心事は「善隣的デザイン」(UXデザインによって人の行動を変容させ社会課題解決を図る取り組み)。twitterアカウント: https://twitter.com/hiro_ux▼当日のスケジュール19:00 あいさつ、進行説明19:05 講義「ゲームの面白さを分析する手法」19:30 実習準備19:35 実習 (ゲームをする/気になった箇所のコメントを付箋紙に書く/必要なら画面のスクリーンショットを撮る)20:00 コメントの集計20:10 ディスカッション(各位が特に印象に残った箇所を発表)20:30 終了▼参加当日のご注意iOS8以上のOSを搭載したiPhone/iPodTouchを必ずご持参ください。機器環境をそろえるため、Androidその他の非iOS端末をお持ちの方は参加できません。ご了承願います。ヘッドフォンまたはイヤホンをご持参ください。会場は防音室ではありません。ゲームの音が漏れないようご配慮を願います。筆記用具等は運営者が用意します。最少催行人数は5人です。最少催行人数に満たない場合、講座は中止となります。中止の際は事前にご連絡します。プログラムは予告なく変更される場合があります。イベント当日は、参加者の皆様を撮影し、開催報告としてWebサイト等に掲載させていただきます。▼UX Yokohama についてUX Yokohamaは、主に横浜市中区および西区でUXデザインの勉強会を開催する任意団体です。UXデザインに関する啓発、研究、実践、および交流を行うことを目的としています。公式サイト : https://uxyokohama.amebaownd.comFBページ : https://www.facebook.com/uxyokohama団 体 名 : UX Yokohama設   立 : 2016年8月20日所 在 地 : 〒231-0012神奈川県横浜市中区相生町3-61泰生ビル2F ユーリカ株式会社内 UX Yokohama 事務局代   表 : 森山 明宏以上

開催報告:WordPress初心者講座・ワードプレスを使ってみよう【3/25横浜】

UX Yokohamaは、3/25(日曜)、横浜市中区のなか区民活動センターにてイベント「WordPress初心者講座・ワードプレスを使ってみよう」を開催しました。桜咲く春の陽気の中、5人の参加者が集まりました。  イベントでは、まずUX Yokohama代表の森山よりWordPressの解説が行われ、それに続いてハンズオン形式でのWordPress操作の実習が行われました。WordPressはワードやエクセルのような通常のアプリケーションソフトと違いウェブサーバーにインストールして使う特殊なものであることから、名前だけ知っていても触れる機会のない人が多く、参加者皆積極的にWordPressに興じていました。参加者からは「WordPressにとりかかる良いきっかけとなった」「今日はできなかったプラグインによる機能追加なども詳しく知りたい」という声が上がりました。また、今回のイベントより寄付金の募集を開始しましたところ、今回参加の皆様より合計4,250円の寄付をいただきました。ありがとうございました。いただいた寄付は、秋に開催するUX Yokohama主催セミナー「UXデザイン特論」に学生を無料で参加させるための資金とし、余剰金が出た場合は次年度に繰越させていただきます。UX Yokohamaでは、今後とも、実践者から初学者まで幅広い層を対象としたイベントを企画してまいります。 

WordPress初心者講座・ワードプレスを使ってみよう【3/25横浜】

HTMLやCSSの知識がない方でもブログやホームページを手軽に作れる便利なツール「WordPress(ワードプレス)」の使い方を解説する2時間半の講座です。  ▼このイベントについてお店のホームページを作りたい!レンタルブログでなく自分のホームページで情報発信したい!WordPressというソフトがあればできるらしいんだけどよく分からない…。そんなみなさんのための2時間半のハンズオンセミナーです。PC1台ずつ貸与・参加費無料です。▽WordPress(ワードプレス)とはWordPressはインターネットホームページを編集するソフトウェアです。ワードやエクセルなどの一般的なソフトウェアと異なり、WordPressはウェブサーバーにインストールし、パソコンのウェブブラウザを使って遠隔操作して使います。WordPressのようなソフトウェアは一般にCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれます。さまざまなCMSがありますが、WordPressは世界で最も多く利用されているCMSです。アメリカ合衆国のホワイトハウス公式ホームページもWordPressで作られています。▼こんな方を対象としていますお店のホームページを作りたいホームページ運営経費を節約したいレンタルブログではなく自分オリジナルのホームページで情報発信したいWordPressとはなんなのか知りたいWordPressを学ぶきっかけがないWordPressを使いこなせるのか不安 注意:WordPressをすでに利用している経験者向けの講座ではありません。▼期待できる成果WordPressに関する基本的な知識を得ることができる操作を実際に体験することでWordPressとはなんなのかを納得できる注意:経験者向けの講座ではありません。独自ドメイン入手、レンタルサーバー契約、セキュリティ設定、モバイル対応、高速化対応、CSSカスタマイズ、SEO設定、バックアップ、投稿記事のライティング、等々、高度な内容は扱いません。▼参加当日のご注意当日はWindows7搭載ノートパソコンをお貸し出しします。持参不要です。最少催行人数は5人です。最少催行人数に満たない場合、講座は中止となります。中止の際は事前にご連絡します。プログラムは予告なく変更される場合があります。イベント当日は、参加者の皆様を撮影し、開催報告としてWebサイト等に掲載させていただきます。▼当日のスケジュールこのイベントは講師の指示に従いながら参加者が実際にWordPressを操作する「ハンズオン形式」で行います。当日はWindows7搭載ノートパソコンをお貸し出しします。(全2時間30分)。開場13:00開始13:30講義:WordPressとは講義:WordPressのインストールWordPressにログインする設定を確認するブログ記事を投稿する固定ページを作成するメニューを作るデザインを「カスタマイズ」するふりかえりと質疑応答終了16:00▼一般参加と協賛参加についてUX Yokohamaは 「UX (User Experience, 利用体験)」 をテーマとする横浜のIT勉強会サークルです。UX Yokohamaでは「学生無料」 を基本方針の一つに掲げており、これを維持するため運営費用のカンパを集めています。本講座はカンパ募集の宣伝を目的としております。UX Yokohamaが秋に行うイベント 「UXデザイン特論(全20時間, 参加費24,000円/人)」 の学生10人分参加費240,000円が今年の目標です。いただいたカンパは学生が本来負担すべき参加費を無料とする目的でのみ使用いたします。余剰金が出ましたら次年度に繰り越しいたします。「学生無料」 の維持のため、カンパにご協力願います。▼UX Yokohama についてUX Yokohamaは、主に横浜市中区および西区でUXデザインの勉強会を開催する任意団体です。UXデザインに関する啓発、研究、実践、および交流を行うことを目的としています。 公式サイト:https://uxyokohama.amebaownd.comFBページ:https://www.facebook.com/uxyokohama団 体 名:UX Yokohama設   立:2016年8月20日所 在 地:〒231-0012神奈川県横浜市中区相生町3-61泰生ビル2F ユーリカ株式会社内 UX Yokohama 事務局代   表:森山 明宏▼UX Yokohamaの2017年活動実績▽UXデザイン特論UXデザイン特論・顧客理解と仮説検証のものづくり#4【12/17】UXデザイン特論・顧客理解と仮説検証のものづくり#3【12/3】UXデザイン特論・顧客理解と仮説検証のものづくり#2【11/19】UXデザイン特論・顧客理解と仮説検証のものづくり#1【11/5】▽単発イベント誰のためのIoT?UXデザインで考えるIoTセミナー【7/30】UXデザイン概論・使ってうれしい気配りデザインのススメ【5/13】クールなシカケで地球を冷やそう!エコ活したくなるシカケワークショップ【1/21】▽定期イベントゲームUI/UX勉強会 2017年開催数 10回▼講座概要講座名称:WordPress初心者講座・ワードプレスを使ってみよう【3/25横浜】日  時:2018年3月25日 (日曜) 受付開始13:00 開催13:30~16:00場  所:なか区民活動センター 研修室1住  所:横浜市中区日本大通35 (中区役所別館)最寄り駅:JR関内駅 (南口徒歩7分)みなとみらい線日本大通り駅 (3番出口徒歩4分)司会進行:森山 明宏 (ユーリカ株式会社代表、UXデザイナー)定員人数:10名 (先着順)対  象:WordPress初心者申込方法:申込みは以下ページ内専用フォームよりお願いします。http://ptix.at/ETMsvp参加費用:無料

WordPress初心者向けの無料ハンズオンセミナーを2018年3月25日(日曜)に横浜で開催

UXデザインをテーマとするIT勉強会コミュニティ UX Yokohama (事務局:神奈川県横浜市中区、代表:森山明宏) は、WordPress初心者向けの無料ハンズオンセミナー「WordPress初心者講座・ワードプレスを使ってみよう」を2018年3月25日(日曜)になか区民活動センター (神奈川県横浜市中区日本大通35、最寄駅みなとみらい線日本大通り駅) にて開催します。▼このイベントについてHTMLやCSSの知識がない方でもブログやホームページを手軽に作れる便利なツール「WordPress(ワードプレス)」の使い方を解説します。お店のホームページを作りたい!自分のホームページで情報発信したい!WordPressでできるらしいんだけどよく分からない…。そんなみなさんのためのハンズオン形式セミナーです。PC1台ずつ貸与・参加費無料です。▽WordPress(ワードプレス)とはWordPressはインターネットホームページを編集するソフトウェアです。ワードやエクセルなどの一般的なソフトウェアと異なり、WordPressはウェブサーバーにインストールし、パソコンのウェブブラウザを使って遠隔操作して使います。WordPressのようなソフトウェアは一般にCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれます。さまざまなCMSがありますが、WordPressは世界で最も多く利用されているCMSです。アメリカ合衆国のホワイトハウス公式ホームページもWordPressで作られています。▼講座概要講座名称:WordPress初心者講座・ワードプレスを使ってみよう【3/25横浜】日  時:2018年3月25日 (日曜) 受付開始13:00 開催13:30~16:00場  所:なか区民活動センター 研修室1住  所:横浜市中区日本大通35 (中区役所別館)最寄り駅:JR関内駅 (南口徒歩7分)みなとみらい線日本大通り駅 (3番出口徒歩4分)司会進行:森山 明宏 (ユーリカ株式会社代表、UXデザイナー)定員人数:10名 (先着順)対  象:WordPress初心者申込方法:申込みは以下ページ内専用フォームよりお願いします。https://peatix.com/event/353994参加費用:無料▼当日のスケジュール開場13:00開始13:30講義:WordPressとは講義:WordPressのインストールWordPressにログインする設定を確認するブログ記事を投稿する固定ページを作成するメニューを作るデザインを「カスタマイズ」するふりかえりと質疑応答終了16:00▼参加当日のご注意当日はWindows7搭載ノートパソコンをお貸し出しします。持参不要です。最少催行人数は5人です。最少催行人数に満たない場合、講座は中止となります。中止の際は事前にご連絡します。プログラムは予告なく変更される場合があります。イベント当日は、参加者の皆様を撮影し、開催報告としてWebサイト等に掲載させていただきます。▼UX Yokohama についてUX Yokohamaは、主に横浜市中区および西区でUXデザインの勉強会を開催する任意団体です。UXデザインに関する啓発、研究、実践、および交流を行うことを目的としています。公式サイト : https://uxyokohama.amebaownd.comFBページ : https://www.facebook.com/uxyokohama団 体 名 : UX Yokohama設   立 : 2016年8月20日所 在 地 : 〒231-0012神奈川県横浜市中区相生町3-61泰生ビル2F ユーリカ株式会社内 UX Yokohama 事務局代   表 : 森山 明宏▼ニュースリリースURL (PDF版ダウンロード)https://sites.google.com/view/uxyokohama-archives以上

日本政府も注目する人間行動コントロール理論「ナッジ」とは

ナッジとは上の写真は東京駅の階段に貼られた「階段を10段登る運動の消費カロリーの目安は0.8キロカロリーです」という案内札です。これは通勤客の健康を考えて貼られた札ではありません。エスカレーター渋滞の緩和のため、通勤客に日頃の運動不足を思い出させ、階段を使わせるために貼られた仕掛けなのです。これが「ナッジ」です。ナッジとは、米国シカゴ大学リチャード・セイラー教授の提唱した概念で「選択肢を制限することなしに他人の行動の修正を促す手法」とされています。日本では2008年に書籍「実践 行動経済学」(日経BP社)によってナッジの概念が紹介されましたが、2017年にセイラー教授がノーベル経済学賞を受賞したことでナッジにも注目が集まりました。ナッジの事例セイラー教授によって紹介されたナッジの事例には以下のようなものがあります。アムステルダムのスキポール空港は男子トイレの小便器の内側にハエの絵を描いた。ハエの絵は利用者の「標的に命中させたい」という心理を喚起し、利用者は意図せず小便器を丁寧に使うようになった。その結果、清掃費は8割減少した。シカゴの学校のカフェテリアで、サラダなどの健康に良いメニューを利用者の取りやすい位置に配置し直した。その結果、健康メニューを選ぶ人の割合が以前に比べて35%増えた。英国政府は税金滞納者に対して「あなたの住む地域のほとんどの人は期限内に納税しています」という趣旨の手紙を送るようにした。滞納者は強い社会的圧力を感じるようになり、結果として納税率は68%から83%に改善した。日本政府のナッジ実践事例米国政府や英国政府によるナッジの実践が成功を収めていることから、日本でも環境省がナッジ理論に基づく地球温暖化対策の促進を試みています(「平成29年度 低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)による家庭等の自発的対策推進事業」)。具体的には、社会実験として対象世帯に電気やガスの利用状況や節約方法の案内を送り、節約行動を促すとしています。ナッジの手法実際のところ、ナッジとは優秀なセールスマンが経験的に知っていたセールステクニックの応用にすぎません。しかしながら、ナッジは学問であり、科学的裏付けがあり、社会全般に応用が可能です。ナッジの代表的なテクニックには以下のようなものがあります。デフォルトとって欲しい行動を初期設定値として設定しておく。例:Amazonプライムの1ヶ月無料キャンペーン。初期設定は「無料期間終了後は有料会員として継続」になっている。フィードバックとって欲しくない行動が起きたら直ちに注意喚起する。例:自動車のシートベルト。ベルトを閉めずにエンジンをかけるとランプやBEEP音で警告する。インセンティブ とって欲しい行動が起きたら報酬を与える。例:スマートフォンのゲームアプリ。毎日ゲームを起動するだけで1日1回ログイン報酬がもらえる。選択肢の構造化複雑な選択肢をわかりやすく整理する、またはあえて少数に絞る。例:レストランのメニュー。「当店おすすめ」などの表示で実質的に選択肢を減らしている。ゴールの可視化とって欲しい行動のゴールと、ゴールまでの距離を可視化する。例:スタンプカード。特典入手に必要なスタンプの数が明確である。ナッジの悪用の可能性セールスマンに良心的なセールスマンと悪徳セールスマンがいるように、ナッジの手法も悪用が可能です。政府が国家規模でナッジの手法を悪用することも理屈の上では可能なのです。ナッジを悪用する悪者に騙されないよう、国民一人ひとりがナッジの理論を知っておくべきだと考えます。(森山)